赤いV70

DSC_4300.jpg

ベントパイプのジョイントホースが破れています

フィラーキャップのOリングが半分無くなっていたので臭いの原因はそれだろうと思っていましたが・・・

満タンにすると漏れるのはこれですな

DSC_4305.jpg

本日のヒーローです

オリジナルのバンドを再使用するには必要と思われます

無かったらネジのバンドに交換してしまえばと思います

DSC_4301.jpg

ドライブシャフトの外側のブーツ交換

修理書が無いのでこれでトルクを見ておきます

ブレーキホースが切れる寸前でした

DSC_4306.jpg

スッキリ

これでしばらく安心です

DSC_4304.jpg

オデッセイ、10万キロ

プラグが緩んで燃焼ガスが漏れてその熱でプラグホールパッキンが硬化し割れてオイルがプラグホールにひたひた

DSC_4303.jpg

エンジン内部は綺麗です

またネジ山修正かと思いましたが大丈夫でした

DSC_4302.jpg

規定トルクで締まったので大丈夫でしょう

DSC_4299.jpg

ナカナカ美味しかったです

ドキドキするな~

DSC_4243.jpg

ボルボV70はダッシュ降ろすことになりました

送ってもらったパーツカタログの場所にエバポ温度センサーが無いので調べて頂いたらなんと、絵は左ハンドル

右の横から割と簡単に交換できるようですが右ハンドルは上から下に向かって刺さっています

ダッシュの上に付いているナビを外せば見えるかなと思ったのですが残念

この123PCセットの中のラチェットドライバーハンドルとトルクスビット1本でほぼ分解できます

DSC_4257.jpg

フィンの手前の白いのがそうです

DSC_4259.jpg

やっと外れました

抵抗値は微妙にズレていますが本当に直るのか・・・

センサーの色が違っているので対策されているのかも

DSC_4277.jpg

エアコン作動前ですが良さそうです

7℃でON、4℃でOFFのようです

ヒステリシスとこの場合も言うのでしょうか

10数年前のタイヤも新調して完成です


ミスファイヤの車両が続きました

DSC_4249.jpg

GP1のハイブリッドは低速時のEV走行時用にIN、EXのバルブを閉じるためのVTECです

DSC_4250.jpg

ロッカーアームを遊ばせないためのロストモーションスプリングが折損してガソリン走行時1番シリンダの吸気バルブが勝手に休止しています

最初はコイルだろうと高を括っていましたらとんでもないことに・・・

震災のころなので7年前に1.5エンジンはリコール出ていましたね

今回のは対象外でした

破片を丁寧に回収したところほぼ回収できたので8個全部交換しました

DSC_4252.jpg

久しぶりにトルクメータを使いました

破片がカムに絡むとプーリーと勘合しているピンが折れバルタイがズレてバルブが曲がります

ドキドキしましたが直りました


今度は3番失火のスパイク

プラグが緩んでコイルは破損、プラグのネジ山は有りません

最初に診た工場の話だとプラグは斜めに固着していたので止めてロードサービスで搬送したそうです

ロードサービスの方はエンジンをかけて運ばれたようです

どこかでプラグを発射したもよう

18万キロ走行しているので応急手術で壊れたら乗り換えるそうです

DSC_4270.jpg

リコイルでネジ山再生

バルブの状態を探りながら高圧のエアーで清掃

スコープで確認し始動

長めの試運転とパラメーターを確認し学習も完了しました

DSC_4271.jpg

リコイルの尻尾を落とさないように糸でリーシュを付けておきましたが切れてしまったのでロングノーズプライヤで折ってそのまま回収

ドキドキしましたが無事回収

10万キロ越えの車両は十分に時間をかけて点検しないと何のための点検なのか解らなくなっちゃいますね

気温3℃

DSC_4231.jpg

少し前にエバポセンサー不調で凍ってしまうV70

エバポのみ42℃なのでもう少し深く探ってみる予定

これでは凍ってしまいますね

DSC_4226.jpg

ステップワゴンのスライドドアケーブル切れています

DSC_4227.jpg

10年前に板金したところが歪んでケーブルのガイドが破損したのが原因

溶接してあるボルトの角度が開いています

角度を直してガイドが開かないようにバンドで締めておきました

DSC_4225.jpg

これを買ってみました

現在4戦全勝です

今週の半ばに春一番が吹く予定だそうです

SIR-G

DSC_4217.jpg

インテグラのタイプRではないやつです

インマニ、ヘッド、カムが違います

まぁ、元になったやつですかね

ギヤ比、デフのサイドベアリングも違いますね

こちらは有名ショップでけっこうお金がかかっている模様です

ハイテンションコードのカバーを外すとここは大抵緩みますのでロック剤を塗りましょう

まぁ都度締めればいいんですが

DSC_4218.jpg

DSC_4219.jpg

DSC_4221.jpg

DSC_4222.jpg

2と3が飛びやすいのか、弱いのか

マックスパワーの時はどんな感じなんでしょうかね~

DSC_4214.jpg

車窓から御神渡りを拝む

これは困りました・・・など

18-01-15-11-41-43-459_photo (1)

S80のスペアタイヤです

この時点で300Kpa

試しにもう少し入れてみたら広がってきたので戻しました

ミシュランの代理店に聞いたら入手不可

中古は高い!

上代で2万円ほどになってしまいます

電動コンプレッサーと国産の同等タイヤサイズのパンク修理キットで1万円程度なのでそちらをお薦め


DSC_4194.jpg

スイフト、チェックランプ点灯

車検前に直さないといけないのが浸透してきて有難いです

DSC_4195.jpg

配線図が無いので信号線を探してそうでない方がヒーター回路だろうと思います

DSC_4198.jpg

点検ハーネスで確認

DSC_4199.jpg

クラッチフルードは交換されたこと有ったのかな~

DSC_4213.jpg

アルファロメオと同じ感じですが意外ときれいでした


最近バッテリートラブルが多いのは寒いせいですね

マイナス5度の日も前日がマイナス10度だと温かい気がしますがバッテリーはそんなこと関係なさそうです

一世代前のフィットハイブリッドは始動不良

お客様はハイブリッドバッテリーがいってしまったかと焦ったそうですが12ボルトバッテリーが寿命でした

ハイブリッドの車のバッテリーは60~70%の充電量のが多いですがその方が寿命が長いんですかね~

こちらのフィットは約10万キロで初めての交換でした

DSC_4207.jpg

DC-DCコンバータの制御が正常なのを確認してバッテリー交換完了

DSC_4211.jpg

諏訪湖に流れ込む上川ですが結氷しています

インフルエンザに気を付けましょう

プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR