インスパイア1996



半年前くらいからいろんな警告灯が点灯するようになったそうです

最近、炎天下での再始動時、セルを長く回さないとかからないそうです

DSC_0808.jpg

この時代の3ピンのデータリンクカプラに接続できるのでDS708はありがたいです(AT、ABS等は限定モードでライブデータは見れませんが)

DSC_0810.jpg

PCM(ECU)のトラブルコードが65残っています

DSC_0829.jpg

ATは29

DSC_0838.jpg

ABSは31

DSC_0848.jpg

PCMのライブデータですが最初は水温がマイナスで数値が忙しく変化していました

吸気圧が少し低い気がします

大気圧が低いのは標高が高いせいです

後日お預かりで詳しく見る予定ですが取り敢えずDTCをクリアしてセンサーに5Vを供給しているショートカプラを点検、接点復活剤を塗布してお帰りいただきました

この時代のECUはコンデンサーが弱いので最初のDTC、『内部故障』の可能性が高い気がします

ここまで乗ったらとことん乗りたいんだそうです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

診断機。診れるのと診れないのはでは、大違いですよね。
ダイアグ短絡で診れるとはいえ、ちかちか点滅は手間ですね。

こっちのGブリは飛んで攻撃してくるので困ったものです。

霧ヶ峰で涼みたい宇治市民より。


No title

satoru様
飛んでくるのは怖いですね

梅雨が明けた頃の霧ケ峰は最高ですよ~

虫よけスプレーをお忘れなく
プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR