ピストン&リング交換



久しぶりにエンジンを分解しました

IMG_4309_R.jpg

45000キロほどですがオイルの消費量が多いのでピストンとリングを交換です

クロスハッチも綺麗に残っています

最近はプラトホーニングが普通のようです

IMG_4310_R.jpg

2000ccでも昔の1300ccくらいに感じます

メタルの幅も狭いです

材質と精度が良くなっているのと一番は回転数を抑えているからだと思いますがどうなんでしょうか

IMG_4311_R.jpg

BMWあたりが最初だった気がしますがクラッキング・コンロッドです

オイルの撹拌抵抗を減らすためオイルパンが深くなっているせいかプラグを外し、インジェクターのカプラを外しオイルランプが消えるまでクランキングしますがなかなか消えません

無事始動しチェックランプの点灯もなかったので試運転したところエンジン、ミッション、VSAと豪華にランプが点灯

案の定、車速センサのカプラの接続忘れでした 残念

鋳造製のオイルリングからエキスパンダとレールを組み合わせたタイプに変更されていました

修理書によるとピストンクリアランスは0.01~0.03ミリだそうです

気温が低かったので正確ではないですが0.02~0.03ミリでした

こういうエンジンには0W20などのオイルが必要なんでしょうね






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こここれはポロのエンジンですか!?

酒豪ターボ様

ステップワゴンです

>エキスパンダとレールを組み合わせたタイプに変更されていました

恥ずかしながらサードはそのタイプしか見たことないっす
元のはどんなの?

トッカリモータース様

鋳造の一体モノです

上手く表現できないので近日中に写真を撮ってきますね
プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR