もろもろ



よそ様で組まれたエンジンを載せて試運転中

ロングライフなタイプのクーランとに汚れたオイルが浮いています

新しいオイルを入れたのでリークではなさそう

ウォータージャケットにこぼれた古いオイルをそのまま組んだ模様

ちょっといただけませんな~


DSC_0927_R.jpg

先週おいでになったF355Bはやっぱりオイル交換したいとのことです

いつものシェル・ヒリックス・ウルトラです

マイナー前のは指定がアジップでしたのでインポーターに質問したところ『F-1のスポンサーが変わったからです!』と明快なおこたえを頂いたのがきのうのようです

フレキシブルのドライバーの先端に強力なマグネットが取り付けられたこれならきっと手が汚れないと思われるツールでドレンボルトを外してみましたが床が汚れました

手にかかるよりはいいか?

DSC_0928.jpg

後学のためにポンプの電流を測ってみました

DSC_0929.jpg

エアコンのガスも診ておこうと思ってみたらこんな端子が有りました

これってDS708に付属しているFIAT-3でつながるのでしょうか?

ちょっとビビって繋ぐのをためらいました

どなたかご存知でしたら教えていただけるとありがたいです

DSC_0933.jpg

そんなところに冷間時は始動一発で温間時の再始動に3秒くらいかかるとのこと

確かに長いことクランキングしないとかかりません

15万キロを超えていますがコンプレッションは優秀です

音で確認するとIG ONで4秒間回るはずのポンプが回っていません

DSC_0934.jpg

長くクランキングするとこんな感じでかかります

このフューズバディーを取り付けるために抜いた15アンペアのフューズが錆びた色をしていました

何回か挿し直したら普通にかかるようになってしまいました

始動前と始動後と流れが違うのか

時間の都合で今日はここまでですが次回までにもう少し調べておきます






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR