刺客を返り討ち



筒内噴射用の高圧インジェクター

DSC_2355.jpg

こちらのパイプも一緒に交換するらしい

スペシャルなローションが付属しています

ミスファイアは半分くらいになり調子は良いのですが2番シリンダーだけナゼか若干ミスファイアカウンターが多い

どうも納得がいかないのでバルブクリアランスを測定

どこも基準値の上限付近で問題なしですが揃えておきました

DSC_2361.jpg

2番と3番のインレットバルブがワニスでベットリ、コッテリ

バルブが閉じた状態でエンコンで溶かしてペーパーウエスで吸い取るを繰り返して洗浄

ブローバイのせいなのかインジェクターの切れが悪く吹き返すのか・・・

DSC_2367.jpg

エンジンをかけてみるとあら不思議

DSC_2365.jpg

角速度も揃ってきました

悪霊退散か?


おまけ

DSC_2356.jpg

カロッツェリアのスピーカーブラケットは穴位置が悪くそのままだと端子がドアの鉄板にショートする
スポンサーサイト

新たな刺客



待ち時間長い

DSC_2335.jpg

相変わらず気圧が低い

DSC_2337.jpg

DSC_2338.jpg

DSC_2339.jpg

う~む

DSC_2340.jpg

DSC_2341.jpg

角速度

DSC_2343.jpg

燃圧を抜く

DSC_2344.jpg

DSC_2345.jpg

つづく

焼き芋屋さんのような音

てっきりテンションローラーかと思いましたが輸入代理店に聞いてみたら教えてくれました

レベルゲージを抜いて音が止むこと、冷機時はしないことが確認できれば間違いなくこれでしょうとのこと

DSC_2327.jpg

ブローバイのセパレーターと言うのか油気分離装置が詰まるとそんな症状が出るそうです

ベアリングが周期的になっている音と非常に似ていますが樹脂製のサージタンクに妙に共鳴するので変だなと思いました

DSC_2331.jpg

ホースも蛇腹の部分が切れかかっていました

ホースを押しても音が止まったのはそのせいだったようです

フューエルトリム異常のコードが残っていたのもそれが原因か

そのあたりの検証はまた明日



NSX水漏れ、オイル漏れ、タイベル交換



セルモーター付近に緑の粉が残っていたのはこれが原因

DSC_2312.jpg

どこかでコーキングされた形跡があります

DSC_2313.jpg

こんな事するなら交換した方が良かったずら

写真ありませんがヘッドプラグも特盛りで除去にひと苦労

DSC_2314.jpg

リヤバンクが遠いのでパレットに乗って作業します

DSC_2316.jpg

ドレンボルトを絶対落としたくない時はこれが有り難いです

DSC_2319.jpg

部品番号が変わっているのはこの突起の高さが変わっているのか

古いのが何度も増し締めされて潰れているのか・・・

DSC_2318.jpg

外したオイルパン

DSC_2320.jpg

新品

DSC_2321.jpg

オイルポンプハウジングとオイルパンの段差も気に入らないので合わせてしまいます

新品ガスケットのシリコンを除去してから1216Eを最小限塗布しボルトには緩み止めを塗って弱めのトルクで組み付け

ガスケットがきれいに収まりました


DSC_2317.jpg

V50 2.4

焼き芋屋さんのような音がするそうです・・・

針金細工

DSC_2243.jpg

昔のレジェンド

樹脂製のインサイドハンドルが割れて運転席からドアがあきません

部品が届くまでウインド開けて降りてよ~  とも言えず

救いはケーブルを受けている部分が金属なこと

割れたハンドルをステンワイアで縫い合わせて直接引っ張るようにしてみました

このままでもいいと言われましたが寿命は1カ月ですとお伝えしました


DSC_2229.jpg


マークXのコインポケットが開きっぱなし

開いても止まり閉まっても止まるための強めのスプリングが受けの部分を破壊

交換してもまた壊れそうですが対策されているかも

DSC_2230.jpg


ステンワイアで締めておきました

続かないことを願います

プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR