4G63、2回目のタイベル交換など



修理書によるとここをピンと張れとのこと

助手がいないのでこんな感じで

DSC_2061.jpg

脱着する部品が多かったりで油断できません

DSC_2060 (1)

シールは全部交換しました

これは取り付けのツールですがむしろ取り外す時に使うライルのツールが活躍

というか上手く使えるようになったのかも

疑問点にお答えいただいた南村さん、ありがとう


DSC_2056.jpg

初めて見ました、レガシー・アウトバック

DSC_2055.jpg

とかDSC_2054.jpg

など

ボディーリフトですね



スポンサーサイト

キャリーの車検

DSC_2008.jpg

エンジンチェックランプが時々点灯

以前診断済みだったのでセンサー交換

ヒーターの断線と出力も安定しません

交換後は

DSC_2013.jpg

DSC_2015.jpg

モードを変えてみたらこんな風にも出ました

DSC_2009.jpg

遮熱板がボルトの座の部分だけ抜けてしまうので大きめのワッシャーで延命

次回は交換ですね


DC2の車検で良く気になるところ

DSC_2031.jpg

レリーズフォークのグリス切れ

奥にあるピボットには指でグリスを押し込みます

以前試しにビスタックを噴射してみたことがありますがそちらでも大丈夫でした

渋滞が楽になります

O2センサーの具合が悪くなって排ガスが毒ガスになることがあるのでチェックします

DSC_2033.jpg

ECUの演算速度が遅いのかゆっくりですが大丈夫そうです

3ピンの診断機でも確認できますが今回は直接測ってみました

DSC_2034.jpg

たまたまデスビの近くをテストリードが通ったら凄くノイズを拾いました

シールド線では無いので当然ですが

DSC_2037.jpg

点火エネルギーが無駄になっているのでしょうか



走行中徐々に止まる



DSC_1959.jpg

スゲー修理代になりそうな診断結果

インバーターの電源のヒューズが切れています

ショートの場合は電球が活躍します

DSC_2017.jpg

周期的にぼんやり点滅しますが深く考えると先に行けなくなるのでそれはまたにします

配線図を確認するとその分かれた先にバッテリー冷却ファンがあります

アクティブテストで作動させてみますが動きません

DSC_2018.jpg

右の後ろの端にあります

ベゼルはバッテリーのユニットに一体でしたがインサイトは独立しています

再度アクティブテストしてみたら弱々しく動きます

アースと電源電圧と駆動信号は良さそうなので冷却ファンを交換し、まずは強制駆動テスト

3段階に正常作動

DSC_2028.jpg

Loです

DSC_2021.jpg

次は

DSC_2029.jpg

Mid

DSC_2022.jpg

最後は

DSC_2030.jpg

Hiです

DSC_2023.jpg

こんな感じです

53番のヒューズが切れるとインバータが作動できなくてその結果DC-DCコンバータが12ボルトを作れなくなり電圧低下、システムがダウンといった具合です

もうすこしアップダウンの有るルートで試運転して確認したいと思います

ニスモのZ

DSC_1936.jpg

雪の有る頃にスタッドレスタイヤで納車させて頂いたZ

オイル交換と半年の点検

指定のオイルで交換

ちょっと気になったのはオイルレベルがロアーだったこと

キッチリアッパーレベルに合わせましたので5000キロ走ってもらったところで再度確認します

DSC_1937.jpg

エアクリーナーとセンサーは2セット
エンジンはVQ37型

DSC_1941.jpg

スペアタイヤの在ったであろうスペースにボーズのユニット

DSC_1946.jpg

30を彷彿とさせる6連丸型メーター

写真ありませんがバンパーの中のコンデンサーの前とリヤの床下にヤマハのダンパーが仕込まれてボディーの剛性としなやかさをチューニングされている模様

DSC_1947.jpg
DSC_1949.jpg
DSC_1950.jpg
DSC_1951.jpg
DSC_1952.jpg
DSC_1953.jpg
DSC_1955.jpg
DSC_1956.jpg
DSC_1942.jpg

スマートキーの電池が消耗して反応しない時はこのポケットに差し込むとエンジンが始動できるそうです

反対向きに差し込むとペッ!と言わんばかりの吐き出します

富士スピードウェイで走らせてみたいですね

JEEP車検など



ブレーキ異常なし!
ハブもいい感じ
2リーディングでピストン径が大きいのでシュークリアランスが増えるとペダルの遊びがてきめん増えます
なのでシビアに調整

DSC_1923.jpg

トランスファとミッションのオイル交換

ドレンボルトもフィラーボルトもなぜかマグネット付き
間違えたかと思いました


DSC_1924.jpg

バイザーを新調

これは幌を外した時に活躍するデザインですね

DSC_1925.jpg

冷えている時に1速から2速に変速するときにエンジンが吹けあがるような気がするバモス

一晩おいてから油圧測定

DSC_1926.jpg

こんな感じで繋ぎます

DSC_1928.jpg

これとゲージをビデオカメラで撮影するという気合の入った試運転

なんだかMAPの針が振れると思ったらスケールが勝手に切り替わっていました

試運転の結果ミッションには異常が無さそう

原因はいつものこちら

DSC_1927.jpg

ウェストゲートのシャフト固着

給油してゴリゴリ動かすとスムーズになりましたが往々にして再発します

で、直すとパンチの無い特性になりますがそれが正常

DSC_1929.jpg

ミニクラブマンのリヤをぶつけてリフレクターを破損

部品はガーニッシュと一体で¥12800

DSC_1930.jpg

DSC_1931.jpg

DSC_1932.jpg

黒いサポートがわずかに歪んでいたので修正し取り付け

DSC_1933.jpg

溶着(横着!?)しないでほしかったな~、爪でロックするとか・・・

素人っぽくてすみません

DSC_1918 (1)

オイルシールを挿入するツールですが合うやつを探す手間を省くために導入しています

DSC_1917.jpg

これ使っても油断すると斜めになりますが・・・

バルブが6本しかないのでという訳では無いですがバルクリ調整しました

2/100程度広くなっていましたが範囲内だと思います

少しだけ静かになりました





続きを読む

久しぶりにクラッチ



結構荒れています

DSC_1901.jpg

リベットまで0.5ミリ

DSC_1904.jpg

こちらのセットで

DSC_1903.jpg

ノーマルは約7キロ

DSC_1902.jpg

戸田さんちのは4.2キロ

DSC_1905.jpg

セットでバランス取ってあるのでマークを合わせて組めとのことです

DSC_1906.jpg

ノックピンも交換しました

かなり重くなりました
プロフィール

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR