ライフ、7万キロ



ツインプラグのリヤ側はデンソー

DSC_0966.jpg

フロントはNGK

若干減り方が違うけど似たようなもんか

DSC_0967.jpg

今日明日に切れはしないと思いますがエンジンが温まるまでうるさいです

DSC_0963.jpg

酸欠

DSC_0962.jpg

臭う

P7224156.jpg

C1

P7224162.jpg

CH47
スポンサーサイト

エアコンと



先日診断したオデッセイのエアコン

始動後一度だけエバポの温度が下がるまで作動してその後はコンプレッサークラッチもクーリングファンも回りません

ブロアーのみ回っていました

条件が揃っても制御放棄と判断して新品の1/5の価格の中古を手配

ついてきたパネルのほうがきれいだったのでそっくり交換

パネルが固くてなかなか外れず苦労しましたが無事交換

長めに試運転いたしましたが直りました♪

DSC_0958.jpg

ずいぶん前からSRS点きっぱなしです

DSC_0959.jpg

ユニット故障です

車検までに代替えするからそのままにしてくれとのこと

どうか事故に合われませぬように

アトレー、5万キロ

DSC_0955.jpg
DSC_0954.jpg
DSC_0957.jpg

『どこも悪くね~ヨ!』とおっしゃっていましたが直しておきましょう

あと10年仕事で使えますように

ハブのスプラインが錆ついて抜けず難儀しました

場合によっては割ブーツもアリですね

お客様のメリットが大事ですね

DSC_0952.jpg

RB1のオデッセイ

ベルトとテンションローラー交換

ステップワゴンは裏のナットが落ちますがオデッセイは大丈夫

角材を挟んでボルトを本締め

腕が異様に太い人は無理かもしれませんが上からのアクセスで交換可能です

左に写っている魔法のスティックがあればさらにイージーです
(北海道では巧みな溶接で自作でしょうが安かったので買っちゃいました)

DSC_0947.jpg

今年は梅がたくさんなったので梅酒を仕込んでみました

PTクルーザー

DSC_0948_R.jpg

リサイズしたので写真が変ですが1番右が1年もたなかったの(上下逆)

左の二つは同じ箱に入ってきましたアメリカ製

真ん中のが良いと思います

一番左のはユルイです

でもどちらが来るか判らない・・・DSC_0949_R.jpg

抜けにくいように対策はされています

もしかして俺が間違えてないかエーゾーさんにシツコク電話して確認しちゃいました

師匠にも聞いちゃいましたが間違いは無かった模様

左は交換しやすいのでそちらにユルイのを0.2ミリのステンレスを挟んで打ち込みました

前はプレスで交換しましたがC.K.さんのご指導でハンマーで打ち抜いて、打ち込みました

ちなみにこんな箱でした

DSC_0951.jpg





エアコン効かない

DSC_0930.jpg

25万キロオーバーのオデッセイ

始動直後はコンプレッサーもファンも正常ですがエバポの温度が下がるとどちらもOFFしエバポの温度が上がっても2度と作動しません

エンジンを止めて1分ほど経つとまたエバポの温度が下がるまでは作動します

作動条件を満たしていてもコントロールできない感じでしょうか

ブロアーのパワートランジスタが故障しても作動しなくなりますがそちらは動いています

ユニットの信号入力を確認するのが良いのですが・・・

中古のユニットが新品の1/5以下の価格だったので交換してみることになりました

DSC_0932.jpg

このあたりでOFFする時ともう少し冷えてからOFFになる時とあり一定しません

連日の消化不良です

もろもろ



よそ様で組まれたエンジンを載せて試運転中

ロングライフなタイプのクーランとに汚れたオイルが浮いています

新しいオイルを入れたのでリークではなさそう

ウォータージャケットにこぼれた古いオイルをそのまま組んだ模様

ちょっといただけませんな~


DSC_0927_R.jpg

先週おいでになったF355Bはやっぱりオイル交換したいとのことです

いつものシェル・ヒリックス・ウルトラです

マイナー前のは指定がアジップでしたのでインポーターに質問したところ『F-1のスポンサーが変わったからです!』と明快なおこたえを頂いたのがきのうのようです

フレキシブルのドライバーの先端に強力なマグネットが取り付けられたこれならきっと手が汚れないと思われるツールでドレンボルトを外してみましたが床が汚れました

手にかかるよりはいいか?

DSC_0928.jpg

後学のためにポンプの電流を測ってみました

DSC_0929.jpg

エアコンのガスも診ておこうと思ってみたらこんな端子が有りました

これってDS708に付属しているFIAT-3でつながるのでしょうか?

ちょっとビビって繋ぐのをためらいました

どなたかご存知でしたら教えていただけるとありがたいです

DSC_0933.jpg

そんなところに冷間時は始動一発で温間時の再始動に3秒くらいかかるとのこと

確かに長いことクランキングしないとかかりません

15万キロを超えていますがコンプレッションは優秀です

音で確認するとIG ONで4秒間回るはずのポンプが回っていません

DSC_0934.jpg

長くクランキングするとこんな感じでかかります

このフューズバディーを取り付けるために抜いた15アンペアのフューズが錆びた色をしていました

何回か挿し直したら普通にかかるようになってしまいました

始動前と始動後と流れが違うのか

時間の都合で今日はここまでですが次回までにもう少し調べておきます






スーパーカー



先週ですがたまたま同じ日に御来店

同じ年式だったと思います

赤いのは11万キロ乗られていますが凄くお元気です

大きな修理は遠方の専門店でされています

DSC_0893.jpg

ミッションのクーラー用のポンプと車速センサーです

以前メーターが動かなくなって修理して貰ったところセンサー(ジェネレーター)も交換しないと再発しますよ!とアドバイスいただいたので交換しました

その折にやむを得ずクーラーへつながるホースのバンジョーボルトを緩めた時に折れてしまい焦りました

外してみると組み付け時に締めすぎたのかオイル穴が楕円になっていました

同じ規格のスチール製のボルトにボール盤で縦と横にオイル通路をあけて代用しました

5年ほど経過しましたが電食等も無さそうです

DSC_0895.jpg

ボルボの右側のドライブシャフト

内側、外側ともに交換しました

内側から進みましたが三つ又が抜けません

師匠の教えを聞いておいたので外側から分解して無事完成

DSC_0894.jpg

全然錆びていないところがさすが北欧育ち

センターのメネジが貫通していてグリスが飛び出してビックリしました

プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR