キャパ、タイベルなど

キャパタイベル

外れにくいエンジンマウント

もちろん取り付けも難儀

リヤマウントを少し下げたら嘘のように簡単でした

廃却するベルトとつるはしの柄で支えてオイルパンの修理も一緒に

DSC_0699.jpg

インテRボールジョイント交換

シャコ万力で抜いて、シャコ万力で押し込みます

ドライブシャフトを取り付けて回してみるとギーギーいってます

DSC_0700.jpg

こんな傷が・・・

DSC_0701.jpg

犯人はこいつ

すっきり
スポンサーサイト

タイベルいろいろ



ボルボV50です
小さめの車体にV70と同じ5気筒を押しこんでいるのでベルトの取り回しに工夫が見られます

えーぞーさんのご指導で進めます

クリアランスが少ないのでマウントを外したらエンジンを上げたり下げたり

IMG_5367_R.jpg

写真ありませんがテンショナーを合わせるのにL形のヘックスレンチの6ミリを切って使いました

IMG_5368_R.jpg

次は200のハイエース2.5ターボディーゼル

IMG_5369_R.jpg

\5500もするアイドラーが二つも使われています

IMG_5370_R.jpg

IMG_5377_R.jpg

IMG_5375_R.jpg

IMG_5383_R.jpg

10万キロ超えても全然傷んでおらずまだまだ大丈夫な感じですが中は判りません

IMG_5371_R.jpg

テンショナーの裏にワッシャーが入っています

落とさなくて良かった

含油メタルで給油不要なのかもしれませんが再使用のボトルが少し錆びていて気持ち悪いのでグリスを薄く塗布しました

IMG_5374_R.jpg


横川桜

信州、諏訪地方は現在桜が満開です

ちなみに蓼科は5月の連休後半に満開の予定です

チェロキー



97のチェロキーリミテッド
エンジンがかからないというので行ってみたらガス欠でした
お客様のおっしゃるにはゲージはフルだったそうです

センディングユニットが怪しいです

グランドは96から、チェロキーは97からCCDバスで通信しているそうです

当時70万したというテスター、DRB-Ⅲです

IMG_5353_R.jpg

IMG_5352_R.jpg

ゲージ類を強制駆動してみるモードがあります

全部ちゃんと動きます

センディングユニットからの信号はPCMに入ってPCMがゲージの駆動信号を出します

タンクを下ろさないとセンディングユニットにたどり着けないのでPCMの端子の電圧を診ながらジャッキでフロントを上げたりリアを上げてみたりします

変化しています

満タンで暫く乗らないうちにフロートがタンクの上面に貼り付いていたのかもしれません

なので満タンにしたらトリップをリセットして300キロ位で満タンにしてまたリセットしてみてとお願いしました

お客様いわく『ボタン押してもゼロにならねーよ』

長押ししてみてもらったらゼロになりました

18年リセットしたことなかったそうです


MGBリア_R

家を建て直すので動かそうと思ったらクラッチが切れないそうです

4年以上放置していたのでクラッチマスターのカップがちじんでしまったようです

インナーキットが無いそうなのでシリンダーごと交換の予定です

どなたか乗ってくださる方がいらっしゃればお譲りしたいとのことです

情報求む

切ってみました

オートテンショナーを切ってみました

テンショナー1

真ん中のプランジャーが凄く精度の高いシリンダーにスプリングを介して挿入されています

シリンダーの下部にはチェックボールがあり伸びるけれどちじまない構造のようです

再使用するときプレスなどでゆっくり圧縮してピンをさしますがナゼ圧縮できるのか疑問は残ります

一定以上の圧力で圧縮方向にも進むのだろうか??

どなたかご存知でしたら教えてください

テンショナー2

シリンダー下部のボール、見えるでしょうか

左のフリーピストンはプランジャーがシリンダーに入った体積の分だけ逃がすためでしょうか

最近の教科書に出でいるか調べてみよう

バッテリーがあがる

2月に車検と一緒にバッテリーを交換したのですが3月下旬から毎朝ブースターで始動しているそうです

オデッセイはクランプメーターでの測定がしやすくてありがたいです

バッテリー診断機の充電システム診断ではアイドリングの全負荷では電圧低いと出ますが1000回転を超えれば正常なので良しとします

暗電流を測定しますとこんな感じです

IMG_5339_R.jpg

満充電だと一晩ではあがりませんがじわじわ弱ってきます

食事にヒ素を入れられた事件を思い出しました

リレーボックスにある系統ごとの大きなヒューズを抜いて変化を見ますと常時電源の大元でした

そりゃそうなんですが外したヒューズを戻しても暗電流は増えません

キーを一度ONまで回してOFFするとまた増えます

何かがトリガーになって常時電源から流れっぱなしになる模様

ナビがこわれていたのでそのあたりかという気がしたのですが犯人はコレでした

IMG_5338_R.jpg

カプラーを外して一度ONにしたあとOFFにすると30秒後には下がります

IMG_5340_R.jpg

問診の重要性を再認識いたしました

キーもACCとONで違ったはず

反省

バモス、ターボこわれる

IMG_5288_R.jpg

以前もありましたがバンドが飛びました

今回はまわり止めを兼ねたエンドの部分が折れていました

部品は出ませんので近所のマニアックな品揃えの金物屋で調達

締め過ぎは危険な予感がするのでほどほどで

IMG_5290_R.jpg

しかしよく錆びます

カバー類は全て新調です

表と裏をシルバーの耐熱塗料で塗りました

遮熱板は積層構造なので隙間に侵入しづらいように端面も塗料が染み込むようにしてみました

IMG_5295_R.jpg

ピンボケでした

プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR