ホンダ・高圧洗浄機

リコイルスターターが回らずエンジンがかからない時があったり、かかると止まらないそうです

止まらないのはすぐに解りました

IMG_4257_R.jpg

メインスイッチというかキルスイッチの配線がちぎれていました

半田付で修理

リコイルスターターを分解し清掃

ほこりが付かない程度にシリコングリスをうっすら塗って組み立て

特に問題は見つかりません 困った

少し試運転してみましたが無負荷では異常なし

半日放置したところクランクが回りません

プラグを抜いてリコイルを引っ張るとガソリンが噴き出しました

たまたま止めた時にインテークのバルブが開いているとオーバーフローしたガソリンがシリンダーに流れ込みピストンがウォーターハンマーでクランクが回らないようです

キャブレターとガソリンタンクを点検

錆びが出始めています

とりあえずキャブレターとガソリンコックを清掃し希釈されていると思われるオイルを交換

使用後は必ずコックをOFFにしていただくようお願いしておきました


スポンサーサイト

97'チェロキー・リミテッド

久しぶりにチェロキーの修理をしました

IMG_4250_R.jpg

シートベルト警告灯が点灯しないのでメーターを外します

ほとんどの部品が簡単に外れるのですがヘッドライトスイッチのノブがメーターガーニッシュの穴より少し大きいので外さないと先に進めません

覗き込むとスイッチボディーの左側にリベットみたいのがあるのでそれを押しながら引くとスンナリ抜けます

昔苦労したことは忘れないものですね

ビスを4本外してもメーターはグラグラしますがまだ何か付いている感じ

車体側のカプラがインパネのフレームにフローティングした状態で固定されています

グイっと引けば外れます

バルブはアクティーのバルブで流用可能でした

もうひとつラジオのボリュームが勝手に大きくなるそうです

IMG_4245_R.jpg

ダメもとでアッパーのカバーを外しボリューム付近を覗いてみましたらシャーシとヒートシンクを固定しているビスが妙に長く、ボリュームコントローラから出ているハーネスの束を攻撃しているように見えます

取り回しを変えて干渉しないようにして組み立て鳴らしてみたところボリュームがツマミの動きに比例して変化するようになりました

もうひとつの故障は運転席以外のドアのパワーウィンドがドアスイッチで作動しません

今まで見た日本の車はマスタースイッチにあるメインスイッチでアース回路をON-OFFし子供が開け閉めできないようにしているようでしたが、チェロキーはプラス側をコントロールしています

IMG_4246_R.jpg
黄色のハーネスがヒューズボックスで分岐し運転席以外のドアに供給されます
試しに助手席ドアのスイッチにパワープローブで+12Vを供給すると助手席も左右のリアドアのスイッチでも作動します
端子の接触の確認しましたが問題なさそうなのでドアスイッチとヒューズボックス間を引き直しました
この年式からバスでコントロールされている部分が出てきたのでパワーウィンドもそうかと思いましたが違いました

三日後、お宅の前を通りかかったらいらっしゃったので調子伺いしたところ良好とのことでした

C240

すごくきれいなので割と新しいんだと思いましたが平成12年車でした

まあ、7000キロ位で車庫保管なのできれいな筈です

IMG_4192_R.jpg

ブレーキフルードのリザーバータンクについているパピコの先っちょ見たいのは何なんでしょうね?

IMG_4193_R.jpg

どなたかご存知でしょうか

IMG_4195_R.jpg
エアポンプのハーネスがネズミにかじられています

テープで巻いておきました

IMG_4203_R.jpg
先日オイル交換をされたそうなので量を確認しました
クォリティーも表示されるんですね
透明度かなんかで見ているのでしょうか?

試運転してみましたがV6の2.6L、意外と速くてびっくりしました

キーがスタート位置まで回りません


キーがスタート位置まで回らずエンジンがかかりません
外車は一度OFFかACCの位置まで戻さないとセルが連続して回らないようになっているのが多いですがその辺が怪しいです
IMG_4205_R.jpg
さらに分解してみます
IMG_4206_R.jpg
こんなのが出てきました
IMG_4210_R.jpg
ブレークヘッドボルトの貫通し出ている二山にポンチを打ったら弛んだので上部の窪みにある部分を強力なマグネットで回しつつ下部のポンチマークを回して抜きました
本当はコラムを下ろしてエキストラクターで抜くのだろうと思っていたのですがラッキーでした

パーツリストのイラストではコラムロックのみでしたが部品が届くとスイッチとイモビのアンテナもセットでした

セレクトレバーにも給油してスムーズに動くようになりました

セレクトレバーのボタンがスムーズに動かなかったせいでロックの動きとシンクロせず無理がかかり壊してしまったのかもしれませんね

続きを読む

KATANAタイヤ交換など

本日は写真を撮っている余裕がありませんでした

5月の連休に友人がはるばる水戸からKATANA1100に乗ってやってきました

ふと見るとフロントタイヤにスリップサインがでています

ちょっとまえにドカティー乗りがマッチングが悪いと交換して要らなくなったタイヤがあったのを思い出しました

まだ7分ほど山があったのでいただいてフロントのみ交換しリヤは預かっていました

9月の半ばに電話がありリヤタイヤも交換したいし酒の飲みたいのでいつ行ったら良いかとのこと

で、昨夜いらしたので鍋とBOWMOREで再会を祝いました

今朝はそこそこに起床しタイヤを外してみた

ディスク側もドリブンスプロケット側もダストシールがカラーと接触していないほど傷んでいました

なぜKATANAにドカのタイヤが合うのかというと足回りはカワサキのZZRのにそっくり換えてあるのだそうです

それゆえイロイロがちょっとうまくありません

まずチェーンがタイヤに干渉というか5ミリくらいかぶっています

最初、サンダーで削ってみましたがらちがあかないのでカッターの刃にCRCを少しつけてサクサク削いでしまいました

もちろんオーナーの自己責任で自分でやってもらいました

次にダンパーのフレーム側の取り付け部がブッシュからずれてしまうのでワッシャーを入れてずれないようにしました

スゥィングアーム側はブラケットとダンパー下側のブッシュカラーとの隙間が1ミリ以上あり締め付けると目視で判るほど歪みます

ちょうどよいワッシャーを買いに近所の金物屋に行きましたが有るはずもなく無く小一時間離れた本格的な資材センターで良いものに出会いました

バネ皿座金というのでしょうか

バネ鋼なので薄くて強くまた少し反っているので特に上側のブッシュのずれ止めにはもってこいです

そうこうしているうちに寒い時間になってしまったのでフリースと冬用の裏地の付いたナイロンのパンツ、ネックウォーマーを貸してあげました

無事到着との知らせがあり何よりだったのですが都内のトンネルで暑くてのぼせたそうです

窓が閉まらなくなっちゃった


アウディA3の運転席、ウィンドが下がるけど上がらないそうです

A3-1

電子辞書で訳すと『運転席スイッチの信号が時々怪しい』というようなことでしょうか

前にも1度、動かなくなってしばらくしたら動いていたそうです

リセットしたら動きましたが交換させていただきました

A3-2

A3-4

A3-6

A3-7

フロントスピーカーも接触不良な時があった模様ですが現在は正常なのでコードを消しておきました
A3キバン1

スイッチを分解してみました

A3キバン2

ピンボケです

運転席のだけヘナヘナしています

学習の仕方がわからなかったのですがホンダ車のように2,3回やってみたらオートで作動しました

犯罪捜査でフリーズデータが証拠になってアリバイを崩すなんてことも起きるかもしれませんね
プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR