閉まらない話



観察します

DSC_3849.jpg

反対からも

DSC_3854.jpg

デフだけにしてテーパーローラーに予荷重を掛けて起動トルクを見ようと思いますが閉まりません

DSC_3855.jpg

久し振りの光明丹

DSC_3856.jpg

守谷の親分の言う『あたってる~』というやつ

DSC_3857.jpg

3㎜削りました

DSC_3858.jpg

メーカーに問い合わせましたらどうも国内1例目らしい

迷惑な話です

DSC_3859.jpg

試運転で異常なし

馬鹿でかいアンダーパネルを付けて完成です

スポンサーサイト

DC5、オイル漏れ等

DSC_3757.jpg

タイミングチェーンケースの蓋から漏れていると思われます

DSC_3763.jpg

外して古い液体パッキンを剥がし、両面をストーンで面だしして蓋は多めに、ケース側には薄くなじませるように液体パッキンを塗布し組み付け

シールは安心挿入ツールで

DSC_3759.jpg

洗浄前のケースにプーリーの裏側とこすれた跡があります

DSC_3758.jpg

ダンパーのラバーが膨潤したもよう

洗浄して組みましたがたぶん戻るでしょう

DSC_3760.jpg

エンジンストッパーが切れたので交換

ギクシャクしますし他のまだ大丈夫なマウントを痛めてしまいます

DSC_3764.jpg

おしゃれブレンボ

DSC_3765.jpg

本気ブレンボ

油路を内部に設けると剛性が不足するそうです

DC5もN1用は外部に油路があります

街乗りでは十分ですが

DSC_3756.jpg

ゴムが破れちゃったので急いで手配

守谷の親分だと何か気の利いたジョークが出そうですが思いつかない

意外と安くてびっくり

ここだけ分割で助かりました

これが流行ると困るな

DSC_3633.jpg

ターボを冷やした帰り道のホースが破裂しています

触媒が近いせいなのかターボが想像以上に熱いのか・・・

ある方に触媒の熱が伝わらないように遮熱テープを貼ったらどうかと相談すると・・・

ターボが熱過ぎではとの見解

取敢えず新品を取り寄せ合わせてみると曲がりが不自然

寸法を少し詰めてスムーズに流れるようにしてみました

DSC_3637.jpg

触媒側には遮熱テープを貼りました

これでどうずら


更に難題

助手席のパワーウィンドがマスタースイッチで上昇しない

ドアのスイッチでは正常作動

マスタースイッチは2回交換済み

たまに上がる時もあります

DSC_3650.jpg

ダメなとき

DSC_3651.jpg

上がる時

他のドアと比較すると若干電流が多い

モーターを交換してみっぺかな~

これは便利



PS90Jです

イモビキーの登録をしてみました

英語モードでないとできませんようです

何秒以内にああしろとか、こおしろとか言ってきますのでその通りにいたしますと割と簡単にできました

DSC_3567.jpg

DSC_3568.jpg

20万キロ近いエディックス

DSC_3570.jpg

ダンパーロッドのメッキが剝がれ始めました

2回目のタイベル交換も近いのでそろそろではないでしょうか

スーパーカーショップでもないです



赤いのはシーテックのハーネスを付けただけ

オレンジのは

DSC_3563.jpg

ABSのフルード交換

DSC_3564.jpg

最後は車速信号を入れてポンプを回し規定圧になって停止するのを待ちます

直ぐに止まってしまうのはアキュムレータのガスが抜けちゃっている可能性高しです
プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR