三菱多め



ガラス交換をお願いしましたらルーフとピラーの接合部に雨漏れを発見していただきました

DSC_2516 (1)

パワーウインドのグリスアップついでにホールシールを新調

車もお客さんも喜んでくれました

ドアに残った古い接着剤を除去するのが一番大変でした


DSC_2521.jpg

エンジン型式の打刻を発見できず宇治の方に聞く

4B12.png


オイルフィルターブロック?がシリンダブロックと一体鋳造

その上面に有りました、4B12

ここを破損して再起不能とか無いのかな~


DSC_2525.jpg

エアトレックは水温が不安定だそうです

サーモスタット、水温センサーを二つ交換いたしました

ODBカプラーに接続して運転状況をモニターする画面が装備されています

94度と69度の間で変動が大きかったそうですが88度付近で安定したそうです

DSC_2524.jpg

水温センサーの端子も緑青が出ていたのでそちらもあったのかもしれません

この4G63は名器の誉れ高いですが20万キロ近く走行していてもサーモケース等の腐食もなく絶好調です

相当材料などへのこだわりが高かったのでしょうね

DSC_2522.jpg


先日近所の棟梁から猪の肉を頂きました

早速、牡丹鍋で頂きました

これで年末までがんばれそうです
スポンサーサイト

車検とったばかり・・・

追い越し加速時、急にエンジン不調になり追い越しを諦めたそうです

私もクラウンを追い越そうと思ったけど運転手さんと目が合って断念したことが有ります



1-4、2-3シリンダーは同時点火

DSC_2221.jpg

良くここまでナンともなかったですね

DSC_2222.jpg

プラグもローテーションで寿命が延びます

DSC_2223.jpg

COPとSPWの両方でチェック

温度を上げていろんな負荷で試乗

良さそうです

パジェロミニのプラグが消耗すると『どこか壊れたか!?』と思うほど調子が悪くなります


DSC_2219.jpg

エンジンが掛からなくなるのはオイルが減ってしまったせいです

大事に使ってあげてほしいものです

DSC_2224.jpg

レジェンドのカップホルダーの開閉がスムーズでは無いのを修理

外して清掃、給油

居心地の良い位置に取り付けてスムーズになりました

IMG_0221.jpg

ネットで発見!

ずいぶん昔の私の作品

インテR、96スペックのヘッドを移植してあります

修正面研とハイコンプガスケット

純正部品流用チューンはライフが長いです

4G63、2回目のタイベル交換など



修理書によるとここをピンと張れとのこと

助手がいないのでこんな感じで

DSC_2061.jpg

脱着する部品が多かったりで油断できません

DSC_2060 (1)

シールは全部交換しました

これは取り付けのツールですがむしろ取り外す時に使うライルのツールが活躍

というか上手く使えるようになったのかも

疑問点にお答えいただいた南村さん、ありがとう


DSC_2056.jpg

初めて見ました、レガシー・アウトバック

DSC_2055.jpg

とかDSC_2054.jpg

など

ボディーリフトですね



コルト、つづき



ミッションオイルを抜いてみました

1.5リットル

ゲトラグのミッションだそうですがナムラー殿に調べてもらったら1.75Lだそうです

言われて良く見たら取り説にも書いてありました

ネットで調べたらオイル量アップキットなるものがリリースされていました

そんなもの着けなくても気合で0.5L位は余計に入れられますが・・・

メインシャフトのベアリングなのかスラスト隙間が大きいのかアイドリングでカタカタいいます

前からしてましたが大きくなったり不具合は無いので大丈夫なのでしょうが少し余計目に入れてみました

昔、32のGTRも傾けて多めに入れるのが流行ったようです

DSC_1848.jpg

ダンパーをカヤバの黄色いのに交換します

簡単そうなリヤから始めて肩を温めます

折れそうです

ボルトと溶接されたナットにマーキングして弛んでいるのか捻じれているのか確認しながら回します

弛んでいました

さすが三菱重工

太めのボルトが正解でした

ボルトの2面幅は18ミリでした

DSC_1849.jpg

フロントの漏れていなかった右側

今にも折れそう(おおげさでした)

つづく

コルト、足回りの何かが折れたような音がしたそうです

DSC_1770.jpg

スタビリンクのロアアーム側が折れて無くなっていました

DSC_1776.jpg

反対側も弛めるときに折れました

DSC_1775.jpg

リンクのナットは16ミリ、ロアーアーム側のナットは13ミリ

DSC_1780.jpg

ナット付きのブッシュはドイツ製

ボールジョイント側は日本製でした

すきまに融雪剤が入り込む模様


DSC_1779.jpg

シートベルトリマインダーが点灯しなかったのでシートの下で直結にしてみようと思ったらバックル側のハーネスが切れていました

繋ぎ直して取り回しをゆるくしてみました

エアトレックも以前切れていました

乗り降りのたびにシートを動かす方の車は切れやすいでしょうね

写真がありませんが左リヤのサイドブレーキが効きません

サイドブレーキのカムシャフトが固着

キャリパーのレバーを外してみるとダストシールの中が錆びています

細めのピックで錆を掻きだしエアブローすると大量の赤さびが噴き出してスムーズに動くようになりました

たっぷり給油して組み立て

普通に効くようになりました

来月の車検時にきちんと直します

ちなみにリヤキャリパーはTRW製でした


オデッセイの濃い奴はC.Kさんに以前教えてもらったキャニスターからのホースだとかオイルがガソリン希釈されているかなどの要素を取り除いたところアイドルでのSTは改善が見られたのですが走行すると特にLTが改善されていなくて結局最初に戻ってインジェクターを交換

DSC_1777.jpg

こんな感じに落ち着きました

ずいぶん遠回りをしてしまいました
プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR