FC2ブログ

どこが何番?



2011パナメーラ・ターボ

診断機によるとNO8回路オープンと失火だそうです

お客さんがコイルを1本持ち込まれたのでNO8のコイルを交換しプラグを左シリンダの1番前のと入れ替えてみる

見た感じプラグは暫く交換していなさそう

オイルも減り気味とのこと

プラグがガビガビです

DSC_5065.jpg

でかいので沢山使います

左バンクの1番前はNO2だと思っていましたがNO5だったようです

DSC_5066.jpg

昔の2ストでブリッジを見たことがありましたがこの年式のエンジンでもあるんですね

オイルが燃えている可能性が大きいですね

試運転してみましたが大きな車体が軽々加速します

トルクが77㌔・mだとか

フォルトコードも無いので良さそうですがオイル消費が気になります


16万キロのCRV

リヤサスペンションがら異音です

オイルが漏れてロッドが傷んだのかロッドのメッキ剥がれが先か判りませんが交換

静かになって乗り心地も良くなりました

DSC_5060.jpg


夕方の霧ヶ峰

ススキが綺麗です

DSC_5068.jpg


スポンサーサイト



エンジンが掛からない



ロードサービスで搬入されました

タンクを小突いたら掛かったので自走で積み込んだと聞いたのでその辺りを調べてみました

焦げています

タンクの中で焦げてはまずくないですか

可燃範囲から外れていたのでしょう

DSC_5049.jpg

日本製カプラの防水パッキンは優秀なのでカプラを外したらプシューとガスが抜けました

外すときにスパークすることも有るでしょうからOFFで外して良かったです

最悪を想像しないと危険ですね

DSC_5053.jpg

オスのピンと同じ規格ので接圧を確認し車両のメス端子を磨いて接点復活剤を塗布しておきました

DSC_5055.jpg

ポンプをモジュールで交換とリレーを交換

しっかり流れていますので大丈夫でしょう

そもそもの原因はポンプが重くなって過電流、弱い所が発熱と想像しました

DSC_5047.jpg

とある軽自動車の助手席

背もたれにもたれたりもたれなかったりするとぺこんぺこんと音がします

DSC_5048.jpg

音がするのを予測してエンドをコーティングしてみたようですが問題はシートフレームの加工でしょう

エッジが食い込まないように加工しました

DSC_5044.jpg

ブレーキ踏むと尾藤がウインクします

鈴木さんちに多いような気がします

ソケットが原因か

DSC_5046.jpg

厚い肉をスキレットの蓋で焼きました

それなりの味でした

再びオイル漏れ



エリシオンV6エンジン
オイルポンプとブロックの間からオイルが漏れます
火事になるほどでは無いですが修理します

DSC_5030.jpg

下手人はひょうたん型のOリング
最近は時代劇でも下手人とあまり言わないですが問題があるのでしょうか

蓼科湖畔に無料で芸術に触れることができるところがあります

DSC_5020.jpg

広島の平和の像を作った方だそうです

DSC_5018.jpg

ほかの作家の作品も多数あります

DSC_5026.jpgDSC_5021.jpg

雰囲気も良いです

DSC_5024.jpg

クール

新車で売ってた頃ちょっといいなと思っていた女子が見たいというので同行したのを思い出しました
なんで買わなかったんだっけな

DSC_5026.jpg

ズッキーニもそろそろですね

冷却水が洩れる・・・



サンバークラシック、エンジンから煙が出たそうです

『水が入ってねーずら?』

『入ってるよ~、オイルはすくねーけど・・・』

という感じで近くのスタンドで水を足してもらったら運転席の下からジャージャー出たそうです

ほぼ水無しで下り坂とはいえ5キロほど走ったそうなのでエンジン本体が心配ですが取り敢えずパイプは交換してみましょう

DSC_4994.jpg

これは酷い・・・

錆びの層が剥がれたんですね、きっと

DSC_4993.jpg

黒いのが新調したパイプ

他にも怪しいのがありますが鏡で見た感じでは大丈夫そうです

DSC_4992.jpg

細いホースに刺さっている栓を抜くとエアーが抜けると親切に注意書きが在りました

次に乗るべき車両は決まっているのでそれまで持つのをお客様と共に祈ります

お宅に接続道路が極端に狭く今の規格の軽バンでは側面を毎日生垣に擦ってしまうのでナローな
規格の旧いのでないとダメなのです


DSC_4995.jpg

F355Bのラックブーツを交換しました

バンドがパーツカタログに出ていなくて再使用しました

また暖機状態でストール気味になるのを診断しました

暖機後の再始動時にストールするのと電動ファンが回っているときにアイドリング回転が下がります

レーシングするとブルーのスモークが出てしばらくは落ち込まなくなります

これで良しとしては空ぶかし専門店になってしまうので考えました

取扱説明書に排ガスのデバイスなどが詳しすぎるほど記載されています

ドライサンプのオイルタンク上部の空間がブローバイガスのセパレーターというかキャッチタンクというかになっています

単にオイルが多すぎただけでした

聞いてみるとお客様がご自身で少ないと思い1リットル程補充されたそうです

ちょうどそれくらい抜き取って快調になりました

基本が大事ですね


本日も暑くなりそうです

美味しくなったパピコで頑張ります!




オイルが漏れる



イヴォーク、エンジンオイルが漏れました

フィルターに穴開いてしまいました

交換は1年前

合うフィルターレンチが無かったので3本爪のユニバーサルレンチで締めた時に圧痕が残った模様

漏れ始めたのは2週間前とのこと

温度と内圧で膨張、収縮するうちに金属が疲労しクラックが入ったと思われる

奥様は駐車場で日に日に大きくなるオイルのシミを見て旦那様に『あなたの車祟られているわよ!』
と真顔でおっしゃられていたそうです

大事にならなくて良かったです 気を付けます



DSC_4979.jpg

私のE36ですがデッドセル

2年半前に交換し1年以内にデッドセルになったので保証で交換していただいたのですが再発

今回は1年半過ぎていたので保証にならず

相性が悪いのでしょうか

他の製品にしてみます


DSC_4977.jpg

ブロッコリーを沢山頂いたので寸胴で茹でる

半分小分けにして冷凍

半分はキューピーハーフをたっぷりつけて頂きました
プロフィール

NAOKI

Author:NAOKI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR